• ハーレーダビッドソン
  • ハーレーダビッドソン
  • ハーレーダビッドソン

人気のストリートスタイルにカスタムされたハーレー

ハーレーダビッドソン

ハーレーダビッドソンといえば世界中の多くのライダーを魅了し続けているアメリカ発のオートバイブランドです。 その堂々とした佇まいはカスタムが施されていない純正の状態でも十分に魅力あるものです。 ですがハーレーダビッドソンが生まれ育った国はアメリカですので車体も排気量も大きく道路事情の異なる日本では少し乗りにくいものであることも事実なのです。

そんな中人気を博しているのがストリートスタイルにカスタムが施されたマシンなのです。 スポーツスターといったような扱いやすい車輌にさらに手を加えることで道路が狭く信号も曲がり角も多い日本でも難なく乗りこなせるように仕上げてあるのです。 ハーレーダビッドソンといえばやはり絶大なネームバリューを誇り、その名を聞くだけでも「凄い」と驚いてしまう人も少なくありません。 そんなハーレーダビッドソンを日本国内においても乗りやすくカスタムが施されたストリートスタイルはとても人気があるのです。

カスタムハーレーのメンテナンスは念入りに

ハーレーダビッドソン

ハーレーダビッドソンといえば世界中の多くのライダーを魅了しているアメリカのオートバイブランド。 日本国内でも人気の車両です。純正の状態ではもちろん、カスタムベースとしても、とても重宝されているハーレーダビッドソンですが、しっかりとメンテナンスをしておかなければ、せっかくの愛車も修理に預けてばかりで陽の目を見ることができないものとなってしまいます。 そうなってしまわないためにも日ごろからのメンテナンスがとても重要なのです。

特にカスタムされているハーレーダビッドソンの場合は注意しなければなりません。 少しでも純正の部分を改造しているとなるとその部分から劣化や腐食が始まります。 気づいたときには取り返しのつかないことになっていた、と後悔しないためにもきちんと手入れをしておきましょう。 ハーレーダビッドソンの場合、修理するとなるとアメリカからパーツを取り寄せなければならないことも多く、修理までの費用も時間も掛かってしまいますので日頃の手入れをしっかりと行っておかなければなりません。

インチサイズの工具が必要なハーレーのカスタム

ハーレーダビッドソン

ハーレーのカスタムをするなら、使用する工具はインチサイズを用意しましょう。 日本のレンチで一般的なミリサイズとは、インチサイズは互換性がありません。 互換性がないのに無理にミリサイズのレンチを使い作業をすると、時間が必要以上にかかってしまいます。 また、ハーレーでは星形のトルクスと呼ばれているネジも、車体のあちこちに使われています。 ハーレーのカスタムをするなら、星形のネジに対応するインチサイズのレンチを用意しなければいけません。

ネットショップなどでは、ハーレー専用の工具が販売されています。 専用なので日本で一般的なミリサイズとは違いますし、トルクスにも対応可能です。 時間をかけずスムーズに作業を終わらせることができますし、ネジを舐めてしまい外れないと言ったこともありません。 パーツを付け替えたりするカスタムだけでなく、普段の整備でも使用する機会は多いので、専用のレンチをショップで購入しておくのが良いでしょう。

カスタムハーレーにバイクカバーは必需品

ハーレーダビッドソン

カスタムが施されているハーレーダビッドソンには、バイクカバーは必需品なのです。 カバーを被せるとせっかくのオートバイが見えなくなってしまいますし、カスタムを施したハーレーダビッドソンであれば自慢したい、という気持ちは分からなくもないのですが、バイクカバーはとても重要なものなのです。 直射日光や風から車体を守ってくれることはもちろんのこと、いたずらや窃盗といった犯罪から大切なカスタムハーレーを守ってくれる役割も果たしてくれるのです。

いたずらをする際、犯人はできるだけ手早く、周囲に気づかれずに行うものですが、カバーを被せていることで犯行を予防することができるのです。 カバーがされているとカバーを外すのに時間が掛かりますし、音も出てしまいます。 そうなると犯人からも避けられるのです。 自慢のハーレーダビッドソンをしっかりと守るには自宅に駐輪しているときは昼夜問わずカバーをかけて保護しておくことがとても重要なのです。